ホーム知っ得!ローンの豆知識 > 教育ローンについて

教育ローンについて

目的別ローンの中でも、住宅、自動車についで、利用頻度の高いローンが教育ローン。基本的には、使途が「子供の教育関係に限定」されたローンで、幼稚園から大学(院)までの各種学校の入学金、授業料、教材費、寄付金などの学校への納付金、下宿費などが融資対象となります。が、最近では、社会人のキャリアアップのための海外留学や英会話学校などの各種専門学校の授業料のためのローンも教育ローンに含まれることも増えてきました。

◇ 教育ローンと奨学金

奨学金は、学生本人が学資金を借りて社会人になってから返すというもの。まずは利用の可否を検討するといいですが、本人の成績や家計などに多々条件があり、手軽に利用するのはなかなか難しいでしょう。また、子供の教育費ぐらいは親が何とかしてやりたいという親心もありますよね? そんなときに利用したいのが教育ローンです。教育ローンの場合も、低金利を狙えば狙うほど条件は厳しくなりますが、条件のゆるい取り扱い金融機関や商品も多数そろっていて、選択肢の幅が広いのが特徴です。

◇ 教育ローンのタイプ

教育ローンには、有担保ローンと無担保ローンがあり、有担保のほうが低金利で、借入限度額も多く、借入期間も長くなっています。
また、金利タイプは固定金利型と変動金利型の2つがあります。

◇ 取り扱い金融機関

公的金融機関 … 国民生活金融公庫、雇用能力開発機構
公的ローンは、低金利、固定金利型、借入限度額が低めであることが特徴です。また、国民生活金融公庫の教育一般貸付では、年収制限もあり、給与所得者で年収990万円以内、事業所得者で年収770万円内となっています。
手続きにはさまざまな書類の提出も求められ、審査には民間より時間がかかります。

民間金融機関 … 銀行、信用金庫、信用組合、JA、損害保険会社、生命保険会社など
民間ローンは、公的ローンより金利が高め、借入限度額が高め、所得制限なし、商品によって固定/変動の金利タイプが選べる、有担保/無担保が選べるといった特徴があります。また、各取り扱い金融機関で独自の金利優遇キャンペーンも随時行っているので、自分に合ったローン商品を探してみるといいでしょう。

◇ 返済方法

ほかの目的別ローンと違うのは、教育ローンの場合、商品によって「親子リレー返済」ができるということ。これは、親が契約したローンを、その後子供が就職した時点で、返済を引き継ぐという方法です。

■自動車ローン 豆知識一覧

■目的別ローン 豆知識一覧

【PR】



おすすめ人気ランキング

審査の早いカードローン
ランキング Best3

モビットカード
モビットカード
審査スピード:10秒簡易審査
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

プロミス
プロミス
審査スピード:最短30分
金利:4.5%~17.8%
最高限度額:500万円

人気の銀行カードローン
ランキング Best3

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

スーパーローン
楽天銀行 スーパーローン
審査スピード:最短即日
金利:1.9%~14.5%
最高限度額:800万円

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
審査スピード:最短即日
金利:1.7%~17.8%
最高限度額:800万円


リボ払いそのままにしていると損

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

総量規制で探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

総量規制対象外

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。