ホーム美人FP!リリ先生のハッピーマネー相談室 >第21回 今話題の「マイナス金利」って何?住宅ローンはどうなるの?

第21回 今話題の「マイナス金利」って何?住宅ローンはどうなるの?

今回の相談者はBさん。
近頃ニュースなどで、日本銀行が「マイナス金利」を打ち出したことが取りざたされ、注目を集めています。
Bさんが気にかけているのは、マイナス金利の導入により自分たちの生活にいろいろと影響が出そうだという噂。特に昨年マンションを購入したBさんは、住宅ローンにどんな影響があるのか気になります。
さっそくリリ先生のもとに相談に来ました。

お久しぶりですリリ先生。
今日は、最近ニュースなどでよく見るマイナス金利について教えてもらいたくてお邪魔しました。
リリ先生
今話題になっていますからね。
Bさん以外にも、マイナス金利について教えてほしいという相談者がけっこう来ているんですよ。
やっぱりそうですか。
では、さっそくですが、「そもそもマイナス金利ってどういうこと」というところからから、ゆっくりと教えていただけますか?
リリ先生
わかりました。でははじめましょう。
マイナス金利とは、銀行などの金融機関が日本銀行に持つ当座預金のうち、任意で預けている額について、マイナスの金利を付けるという日銀の政策です。具体的には、金融機関が日本銀行に預けているお金の一部に、年0.1%のマイナス金利が付けられるようになります。
えーと、金融機関が日本銀行に預けているお金の一部にマイナスの金利がかかるようになると、具体的にはどういう影響が出てくるのですか?
リリ先生
ふつう金利がプラスのときには、預金残高に利息が付きますよね。ところが金利がマイナスになると、逆に手数料を取られるようになってしまいます。
え?ということは、金融機関は日本銀行にお金を預けていると損してしまうわけですか?
リリ先生
簡単に言うと、そういうことです。続いて、どういう目的で導入されたのかをご説明しますね。
お願いします!
リリ先生
マイナス金利の導入によって、金融機関が日本銀行にお金を預けていると手数料を取られるようになりました。すると金融機関が、日本銀行に預けていたお金を、企業や個人への貸し出しにまわすのではと期待して導入されたのです。
銀行などの金融機関が、企業や個人への貸し出しを積極的に行うことで、企業の投資や個人の消費が増えるよう促し、これにより経済の活性化をはかろうというわけですね。
なるほど、日本の経済を良くするための政策なんですね。よしよし、ざっくりとわかってきた気がするぞ。リリ先生、次に、マイナス金利の導入で、わたしたちの生活にどんな影響が出てきているのか教えていただけますか?
リリ先生
身近なところでは、まず銀行の金利が下がっています。
例えば、通常、一定期間預金を引き出せない定期預金の金利は普通預金よりも高いのですが、マイナス金利の導入後、多くの銀行で定期預金と普通預金の金利が同じ水準になってきています。
ということは、もしかして、わたしたちの預金の金利もマイナスになるかもしれないってことですか?
リリ先生
いえいえ。さすがに個人の預金の金利は、すぐにマイナスになって手数料を取られるということはないと思います。
ただ、銀行はマイナス金利が導入されたことで収益が悪化しつつありますから、その分を、サービスの手数料を上げることなどで取り返そうとするかしれません。例えば、ATMの引き出し手数料や振込手数料を上げるといったことですね。
そうなると、少しずつ生活に影響してくるな。
銀行以外ではどんな影響がありそうですか?
リリ先生
保険にも影響があります。
特に、終身保険や個人年金保険などの貯蓄性のある商品については、発売停止や保険料が引き上げられるものが出てきています。というのも、保険は契約したときの利率を保険会社が保険期間中にわたって約束するので、金利が高いときに契約した人が、金利が低いときに解約をしたり満期を迎えたりして、積み立てたお金を引き出すと、保険会社にとって赤字になってしまうからです。
すでに保険の契約をしている人には影響がありませんが、これから契約を考えている人は要注意です。
うちはすでに保険の契約をしているから、ひとまず安心か。
リリ先生
あと、投資信託のなかには、新規での購入の受付停止や、償還(運用を終了すること)をするものが出てきています。
国債で運用する投資信託などは、運用の収益になるはずの国債の金利がマイナスになってしまうので、それだけ収益がマイナスになってしまうのですね。つまり儲けを出すことが難しくなっているわけです。
うーん、なんだかデメリットばかりみたいですが、マイナス金利の導入で、わたしたちの生活に何か良い影響はないのでしょうか?
リリ先生
当面、マイナス金利の恩恵を受けそうなのは「お金を借りたい人」でしょうか。
例えば、住宅ローンの金利は既に下がってきています。現在、高い金利で借り入れしている人は、借り換えをすることで、ローンの利息の負担を数十万円から数百万円ほど減らすこともできるかもしれません。
おお!これは朗報だ!
リリ先生
ただし、借り換えには手数料がかかりますので注意してください。また、すでにマイナス金利を導入したヨーロッパの例では、銀行の収益が悪化したため、住宅ローンの金利が逆に上がったというケースもあります。今後の動向に注意することが大事です。
安易に借り換えに走らず、しばらく様子見をした方がいいと。
リリ先生、今日はすごく勉強になりました。これからは金融関連のニュースを見て、自分でもいろいろ勉強していきます。
ありがとうございました!

今回のまとめ
  • マイナス金利とは、銀行などの金融機関が日本銀行に持つ当座預金のうち、任意で預けている額について、マイナスの金利を付ける政策のこと。
  • マイナス金利は、日本銀行にお金を預けていると手数料を取られるようにして、金融機関が日本銀行に預けているお金を企業や個人への貸し出しにまわすことを期待して導入された。また、金融機関が企業や個人への貸し出しに積極的になることで、企業や個人が借り入れしやすくなり、投資や消費が増え、経済が活性化することを目的としている。
  • わたしたちの身近なところへの影響としては、銀行預金の金利引き下げや、終身保険や個人年金保険など貯蓄性のある保険商品の販売停止や保険料の引き上げなどが起こっている。また、投資信託の取り扱いの停止や償還(運用の終了)などが起こっている。
  • 住宅ローンに関しては、金利の引き下げが進んでおり、高い金利で借り入れをしている人は借り換えをすることで、ローンの利息を減らせる場合もある。
  • ただし、すでにマイナス金利を導入したヨーロッパでは、銀行の経営が悪化したため、住宅ローンの金利が逆に上がるといったケースも起こっており、今後の動向を見守ることも大事である。
ファイナンシャルプランナー 加藤梨里

ガイドProfile

加藤梨里(Lili Kato)

マネーステップオフィス株式会社 代表
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)
マネーマネジメントコーチ
金融知力インストラクター
保険会社、信託銀行勤務を経てファイナンシャルプランナーに。
金融教育機関や生涯学習センターなどでセミナー講師を務めるほか、
日本FP協会での相談業務や金融教育授業にも多数携わっている。

ガッツリ貯まる貯金レシピ

リリ先生監修!

「ガッツリ貯まる貯金レシピ」

主婦と生活社 出版

レシピに沿って作れば、お料理はおいしくできます。
同じように、お金も「レシピに沿って」貯めれば、
初心者でも貯めることができます!
マイホーム資金から教育資金、旅行資金、老後資金まで、
手とり足とり親切な"レシピ"をご紹介します。




記事一覧

【PR】



おすすめ人気ランキング

審査の早いカードローン
ランキング Best3

アイフルカード
アイフルカード
審査スピード:最短30分
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

モビットカード
モビットカード
審査スピード:10秒簡易審査
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

ACカード
アコム ACカード
審査スピード:最短30分
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

人気の銀行カードローン
ランキング Best3

スーパーローン
楽天銀行 スーパーローン
審査スピード:最短即日
金利:1.9%~14.5%
最高限度額:800万円

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]
みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]
審査スピード:最短即日
金利:3.0%~7.0%
最高限度額:1,000万円

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
審査スピード:最短即日
金利:1.7%~17.8%
最高限度額:800万円


リボ払いそのままにしていると損

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

総量規制で探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

総量規制対象外

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。