ホーム美人FP!リリ先生のハッピーマネー相談室 >第20回 最近よく耳にする「電力自由化」で、何がどう変わるの?

第20回 最近よく耳にする「電力自由化」で、何がどう変わるの?

今回の相談者は編集部A。
最近、テレビや雑誌、同僚との会話などで「電力自由化」という言葉を耳にすることが増えました。
ぼんやりと「電気代が安くなりそうだ」ということは聞いているのですが、具体的に生活がどう変わるのかまだよくわかりません。
そこでAは、リリ先生に詳しく教えてもらおうと、相談室をたずねてきました。

こんにちは、リリ先生。
今日は「電力自由化」について教えていただきたくてお邪魔 しました。
リリ先生
最近、いろんなところで取り上げられていますものね。
わたしもすごく気になっています。
とはいうものの、具体的にはどういうことかよくわかっていなくて。
そもそも「電力自由化」とはどういうことか、というところから教えてほしいんですが…。
リリ先生
リリ先生:わかりました。さっそくはじめますね。
「電力自由化」とは、正確に言うと、「電力の小売が全面自由化する」ということです。これまで、一般家庭が利用できる電力会社は地域によって決まっていました。
同じ地域に住んでいれば、みんな同じ電力会社から電気を購入していましたよね。
ところが2016年4月からは、電力の小売が自由化され、さまざまな事業者から電気を購入できるようになるのです。
今までは電力会社を選べなかったのが、これからは自分で選べるようになると?
リリ先生
そういうことです。
ちなみに今まで電力会社は10社だけだったのですが、これからはさまざまな事業者が電力の小売市場に参入するようになるため、その数は大幅に増えます。
現在(2015年1月)のところ、すでに100社以上が電力の販売に名乗りをあげているんですよ。
すでに100社以上も!例えば、どんな会社でしょうか?
リリ先生
ガス会社や石油会社、携帯電話会社など、これまで電気とはあまり関係がなさそうだった会社が、電力事業をはじめると言っています。
たくさんの事業者が電力の小売市場に参入してくるとなると、電気料金はどうなるのでしょう?
リリ先生
電力各社による、熾烈な価格競争やサービス競争が展開されると思います。実際、新規参入の企業は、既存の大手電力会社よりも割安になる電力プランをすでに発表していますし、大手電力会社もTポイントなどの共通ポイントが貯まる仕組みを設けることで、消費者の囲い込みをはじめているところもあります。
電気料金が安くなること自体は大歓迎です。
ちなみに、もしぼくが電力会社をかえようと思ったらどうすればいいんでしょう?
リリ先生
基本的には、新しい電力会社に申込書を提出すれば、あとはその会社が電力を供給できるよう手配してくれるはずです。
ちなみに、現在利用している電力会社への解約手続きを行ってくれるところもあるようです。
電気メーターの交換は必要なのでしょうか?
リリ先生
現在Aさんのご自宅で使っている電気メーターの形式によっては、メーターの交換が必要になるかもしれません。
ただ、この交換も無料でしてくれる電力会社があります。
なるほど。じゃ、やっぱり一度試してみる価値はありそうだな…。
リリ先生、電力会社を選ぶときの注意点ってありますか?
リリ先生
電力会社はかなりの数になるので、どこの会社のどのプランが自分にとっても一番お得なのかを見極めるのは、かなり難しそうです。
自由化は4月からなので、今のところ、まだ詳細なプランを示せていない会社も多く、比較サイトもまだあまり充実していないようです。
今月から先行予約を開始している会社もありますが、まだどこが一番お得なのかを判断するには時期が早いと思います。
なるほど。
リリ先生
新規参入する電力会社には、全国どの地域に住んでいても利用できるところと、一部の地域の人だけに限って電力を販売するところがあります。
気になる会社があっても、自分の住んでいる地域では利用できない場合もありますので、よく確認するようにしましょう。
それと、もう1つ大切なことがあります。
どういったことでしょう?
リリ先生
目先では「電気料金は安くなる」と言われていますが、長期的に見ると必ずしもそうとは言えないという学識者もいます。
もし、「電力自由化」の直後に電力会社をかえて電気代が安くなったとしても、それがこの先も長く続くとは過信しない方がいいと思います。
軽はずみにブームに乗るのではなく、慎重に見極めてから判断しろということですね。
リリ先生、今日はとても勉強になりました。
ありがとうございました!

今回のまとめ
  • 2016年4月から「電力自由化」がはじまる。これまで電気の購入先は、地域の大手電力会社に限られていたが、これからはさまざまな事業者から選べるようになる。
  • 「電力自由化」により、多くの事業者が電気の小売市場に参入。すでに100社以上が名乗りをあげている。
  • 多数の事業者が参入することで、熾烈な価格競争やサービス競争が展開すると予想されている。実際、既存の大手電力会社よりも安い料金プランを提示している会社が多い。
  • 新規参入する電力会社のサービスは、全国どこでも利用できるものと、一部の地域に限られるものがある。自分の住む地域では利用できない場合があるので注意が必要。
  • 「電気料金は安くなる」という意見が多数を占めるようだが、長期的に見ると必ずしもそうとは言えないという学識者もいる。電力会社を乗り換える場合は、慎重に選ぶ方がよい。
ファイナンシャルプランナー 加藤梨里

ガイドProfile

加藤梨里(Lili Kato)

マネーステップオフィス株式会社 代表
ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)
マネーマネジメントコーチ
金融知力インストラクター
保険会社、信託銀行勤務を経てファイナンシャルプランナーに。
金融教育機関や生涯学習センターなどでセミナー講師を務めるほか、
日本FP協会での相談業務や金融教育授業にも多数携わっている。

ガッツリ貯まる貯金レシピ

リリ先生監修!

「ガッツリ貯まる貯金レシピ」

主婦と生活社 出版

レシピに沿って作れば、お料理はおいしくできます。
同じように、お金も「レシピに沿って」貯めれば、
初心者でも貯めることができます!
マイホーム資金から教育資金、旅行資金、老後資金まで、
手とり足とり親切な"レシピ"をご紹介します。




記事一覧

【PR】



おすすめ人気ランキング

審査の早いカードローン
ランキング Best3

アイフルカード
アイフルカード
審査スピード:最短30分
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

モビットカード
モビットカード
審査スピード:10秒簡易審査
金利:3.0%~18.0%
最高限度額:800万円

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

人気の銀行カードローン
ランキング Best3

カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
審査スピード:申込み完了画面に表示
金利:4.5%~18.0%
最高限度額:500万円

スーパーローン
楽天銀行 スーパーローン
審査スピード:最短即日
金利:1.9%~14.5%
最高限度額:800万円

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
審査スピード:最短即日
金利:1.7%~17.8%
最高限度額:800万円


リボ払いそのままにしていると損

カードローンを探す

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

審査スピードで探す

低金利で探す

無利息で探す

WEB完結で探す

借り換えで探す

総量規制で探す

最大限度額で探す

総合人気ランキング

スペック別でわかりやすく!違いをチェック

お急ぎの方(即日融資)

初めての方向け

総量規制対象外

WEBで完結

大口融資

保証人不要

ビジネスローン

銀行系カードローン

専業系カードローン

女性専用カードローン

あなたの街の銀行を探す!

あなたの住む町にある身近な銀行の 「カードローン」をご紹介!


▲PAGETOP

キャッシングフィールド

Copyright (C) Breakfield,Co.Ltd All Rights Reserved.


  • ・キャッシングフィールドは最新情報提供を努めており、情報更新に万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
  • ・当サイトは各社と情報掲載の提携(公式サイトへのリンクするものに関して)を行った上で、商品の掲載を行っております。
  • ・各商品提供会社の公式サイトにて内容をご確認頂き、ご自身の判断、責任で商品をご検討ください。